INFO
PAUSE

第2回FUTURES セッション

Video Link

【高齢社会 X ベッドタウン】
‐ベッドタウンから未来の社会システムを描く‐
日時:2012年10月1日(月)
会場:二子玉川 カタリストBA (catalyst-ba.com/

日英の企業が様々なプレーヤーとセクターや国境を越えてつながり、協働を通して社会イノベーションを創出するための国際的なプラットフォーム、「Futures」。2012年度は「Aging Society(高齢社会)」をメインテーマとし、これに様々なサブテーマを設定することで高齢化社会にまつわる未来シナリオを描いています。その第2回Futuresセッションを10月1日(月)に開催しました。

第2回Futuresセッションのサブテーマは「Bedtown(ベッドタウン)」としました。これからのベッドタウンを都市近郊の象徴的なものとしてFuturesで考えることは、高齢社会における都市近郊の再設計や、企業や行政、そして働き方の、新しい意味や機能・活動の発見をもたらすと考えたからです。

第2回Futuresセッションでは、企業、行政、市民セクターから40名の方にご参加いただき、既存のベッドタウンが抱える課題を自分の視点で対話的に振り返りつつ、次の時代で求められる新しい町の姿を未来ニュースとして描きました。そして、グループに分かれ、高齢社会とベッドタウンの関係性やその役割、求められる機能について、明日からできる具体的な次のアクションを考えていきました。

Futuresフェイスブックページ:facebook.com/FuturesSocialInnovation