INFO
PAUSE

第1回Futuresセッション(2012年7月9日)

Video Link

日英の企業が多様なプレーヤーとつながり、協働を通して社会イノベーションを創出する事を促進するためのグローバルプラットフォーム、Futures。最初に取り組む日英共通の社会的課題は「高齢化社会」です。

高齢化社会の問題の困難なところは、少子化により高齢者率が尋常ではない値になるという予測など、以前より繰り返し示されてきた「聞き飽きた課題」であることだと思います。本セッションでは、私たちの社会がどう変わるのかという「予測」を捨て、「サクセスフル・エイジング社会が来ることになっている」とすれば、そこで私たちはどんな仕事をしているだろうか、と「未来思考」で考えてました。

当日は、企業、地方自治体、社会起業家、NPOなど様々なセクターから45名、さらに英国側で今後Futuresを展開するVolansのアマンダ・フェルドマン氏も参加しました。

多様な参加者が様々な角度から「サクセスフル・エイジング社会」について対話し、9つの問いを導き出しました。